読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズと私

はじめまして。

 

ついにはてなブログを立ち上げました。

 

 

個人的なことを書いているブログとは別に、ジャニーズについて語れる場所が欲しいと考えているうちにはてなブログに辿り着きました。

 

だって面白い人たちみんなここで書いてるもん。

 

友達もここで書いてるんだもん。

 

 

まずは自己紹介がてら私のジャニーズ遍歴について記しておきたいと思います。

 

 

生まれたのは90年代後半ですが、SMAPデビュー当時から香取慎吾しか見えていない母親の影響で、SMAP英才教育を受けて育ちました。

2000年の「SMAP'00 S map」で東京ドームで初めてコンサートに参加し、東京スタジアム(現味の素スタジアム)や東京ドームを中心に参加。そこからツアーの度に一公演は参加しています。今年も会えますように。そろそろ干からびそうです。

母親が好きな慎吾くんが私も大好きで、小さいころの夢は慎吾くんのお嫁さんでした。可愛い。

 

 

そんな私が嵐に目覚めたのは、小学校低学年の頃です。

「きっと大丈夫」のサビのキャッチ―さと歌詞の語呂の良さにやられ、「きっと大丈夫」が聞きたくて音楽番組を追いかけていました。嵐なんてSMAPの後輩という情報しかもっていなかったのに。

そのころ唯一、名前を知っていたのがさくらいしょうくんでした。どうして知っていたのかも今となっては謎ですが、とにかく一人だけは知っていた。「誰が好きなの?」と聞かれても「さくらいしょうくん」しか選択肢がなかったため、そう答え続けていたらいつのまにか本当に一番好きな人になっていた。言霊とか運命とか、今ではそう思うようになりました。

花より男子松本潤くんを知り、一時は「松本潤くんが一番好き」と答えていたけれど、やっぱり一番好きなのは櫻井翔だった。10年たっても変わらず。(笑)

 

 

2008年ごろに、SMAPで一番好きなのは慎吾くんじゃなくて稲垣吾郎なんじゃないかと思い始め、母親の洗脳に気付きました。

そこからははっきりと稲垣吾郎が好きだと言い始めました。グッズも稲垣吾郎に切り替えました。ヒロくんとお幸せに。

 

 

派閥がまだそんなにないころから、完全に出来上がっていくまでをSMAPと嵐の両方を応援しながら見つめ、共演の少なさを嘆く日々。神様仏様中居様。なんとか嵐と絡んでくれ。紅白はまだか。そんなことばかり言っていました。

 

 

転機が訪れたのは2013年。ラブホリ王子様に日本中が震撼していた夏です。

人生で初めて、「NEWSの加藤シゲアキが好きだ」という友人に出会いました。そのころわたしのNEWSの知識と言えば、やまぴーと錦戸がいたところでテゴマスがいるところでチャンカパーナ、というくらいだったものです。「weeeek」ってデビュー曲だと思ってました。

物は試しとばかりに友人の好きな加藤シゲアキくんを探しにNEWS沼へと足を踏み入れてしまいました。今思えばここで私のジャニオタ人生は決定づけられました。

だって、

加藤シゲアキめっちゃかっこいいじゃん!!!!!好き!!!!!

と一瞬で恋に落ちました。美しい恋をどうもありがとう。

 

 

 

 

そこからは早かった。

岩橋くんと神宮寺くんが好きな友人の影響でしばらく遠ざかっていた少クラを見始めてしまった。可愛い子を見つけてしまった。

中村嶺亜くん。

きらきらの笑顔と天性のアイドル性はあっという間に私を虜にしていきました。

 

なのに事務所というかまぁとにかく扱いが悪い。なんなんですか今年の夏は。ユニット組んでなきゃ出れないんですか。嶺亜みたいな可愛い子で愛想も良くて礼儀正しくて人気実力ともにあるのに何故出ない。何故干される。ガムシャラに最後に出たのいつだよ。チーム羅のメンバーとして以外で出たのもう何年前よ。ガムシャラ終わっちまったじゃねえか。事務所の偉い人か、テレビ局の偉い人か、もうだれでもいい。みんなジュニア大賞の順位を見てくれ頼む。彼を取り巻くオタクを見てくれお願いだ。端っこでも我慢する。いつもの笑顔で踊ってくれていればいい。誰のバックでもいい。真ん中に連れてきたいのを必死でこらえて画面の左端を見つめ続けるこちら側も見てくれ。会いたい嶺亜たん…

 

おっと話がそれました。

 

 

なにはともあれ、あれよあれよという間に自担は4人。

 

あっちもこっちも追いかけ続けながら、これからも生きていきます。